ゼニカルの副作用はあるのか?

ぜニカルはリパーゼの働きを抑えます。リパーゼとは、脂肪を分解する酵素で、体内に摂取した脂肪を、分解し、ちいさな分子にしていきます。ゼニカルの副作用はあるのか
脂肪は小さく分解されますと、身体の中に吸収されやすくなってしまいます。

このリパーゼの働きを抑制すれば、脂肪の分子は大きいままですので、その高分子の状態で身体の外に排出させるので、非常に効率よく排出させることができるのです。
ですが、すでに体内にある、内臓脂肪や皮下脂肪にはそれほど効果がありません。
ですので、飲み始めてからの脂肪の摂取を抑制する効果ということになります。

日本では今のところ未認可ですがFDAで認可されている点から、安全性に関しては問題なく、その副作用に関しても、重篤なものは報告されていません。
脳やあるいは神経などに直接働きかける薬ではなく、脂肪分解をうながす酵素に作用し、腸内において脂肪分の吸収を抑えるといった働きの薬ですので、人の身体への害は報告されていません。
また、人の体の中に入ったゼニカルは99%が、体外に排出されてしまうため、体内に蓄積されるという心配もありません。

ごくまれに、頻繁に便意を感じたり、便が少し柔らかくなる、あるいはおならの回数が増えるなどといった軽い副作用が報告されることもあります。また、肝障害に関しての副作用を指摘されたこともありますがこれは特に問題はないということで、再度FDAで承認を受けています。
ですが、一応、気になるような症状が出た場合には、念のため医師の診察を受けておくほうがよいです。
またゼニカルを摂取し、脂肪分が排出されるときに、脂溶性ビタミンもいっしょに排出されてしまうという難点があります。

そのため脂溶性ビタミンを摂取していく必要があります。
代表的な脂溶性ビタミンであるA、D、E、Kを、ゼネカルを摂取する前後2時間をさけて、1日分よりやや多めに、マルチビタミンなどで効率よく摂っていくようにします。

▼▼▼実際にゼニカルを購入した【T.O.P】▼▼▼
ゼニカルの通販・個人輸入サイト

  
Copyright(c) xenical-kakaku.biz . All Rights Reserved.