ゼニカルのリスクと安全性

肥満が問題になっている現在、肥満は糖尿病など様々な疾患の原因になっていることがわかっています。ゼニカルのリスクと安全性

これらの疾患のリスクを防ぐためにはさまざまな治療法が考えられています。
その中には薬剤治療というものもあり、肥満が脂肪の過剰摂取によっても起こることとを合わせて考えられた治療薬があります。
その治療薬として使われるものの一つに、脂肪吸収阻害剤という薬剤が用いられます。

ここでは脂肪吸収阻害剤の一つである、ゼニカルのリスクと安全性について説明します。
ゼニカルはスイスの製薬会社が開発した薬剤です。
今回はこの薬剤は肥満大国であるアメリカをはじめとする世界17か国で使用されていますが、日本では簡単には使用することが出来ず、使用する際には、医師によって合法的に処方されないと使用することができません。
しかし現在ではインターネットで個人輸入代行サイトを利用して処方箋なしで購入する事ができます。
この薬剤は他の薬剤とは異なり、中枢神経系に作用しない唯一の脂肪吸収阻害剤としても知られています。

経口で服用後腸管で作用する、リパーゼという酵素タンパクに作用することで腸管から脂肪が吸収されるのを阻害するという効果があります。
この吸収されなかった脂肪はほとんどが吸収されることなく、自然に便として排出されます。
以上の作用機序により脂肪吸収は阻害され、体内の脂肪の増加を防いで肥満を防止します。
ところがこの薬剤には副作用もあって、脂溶性ビタミンA、D、E、K、βカロテン等のビタミンの吸収も阻害されます。

これらの不足は夜盲症や出血傾向などの疾患をもたらす可能性があるので、これらビタミンを含むビタミン製剤を、適宜摂ることが必要になります。
しかし脂溶性ビタミンは蓄積しやすいので、過剰に摂取すると過剰症になる可能性があるので、管理が必要になります。
以上の事からもわかるように、この薬剤はリパーゼに作用するため、吸収の際にリパーゼを必要とする脂肪性の成分は吸収されにくくなります。
よって、この薬剤を使用する際に脂肪成分を含むものを大量に摂ると、下痢になってしまったり便の形状が通常とは異なる可能性もあります。
また前述の通り、脳や神経(摂食中枢等)に直接作用するものではないため、幻覚、睡眠障害等中枢神経系の副作用が出る心配がありません。
また、服用後は完全に体内から排出されるため、肝臓等への負担が少なくて済むことから、過剰摂取による肝不全などの心配は少なく安全性が高いと言えます。
以上より、ゼニカルはビタミン剤などの管理をきちんと行うことで、害が極めて少なく肥満を防止することができる治療法の一つです。

▼▼▼実際にゼニカルを購入した【T.O.P】▼▼▼
ゼニカルの通販・個人輸入サイト

  
Copyright(c) xenical-kakaku.biz . All Rights Reserved.